くじ運2006/01/22 05:23

昨日はSSOKに仕入れに行ってきました。
ここでは「福の日」というのが月に数日設定されており、細々したものを仕入れた結果、仕入れ金額が所定の金額をクリア。福の日くじ引きができることになりました。

レシートを係員が確認後、くじをひいたのは息子。
スクラッチしてみたら、なんと……
3等
でした。


「すごい!」と息子をべた褒めしたのは言うまでもありません。これで運を使い果たしていなければいいのだけど(笑)。

賞品はいろいろあったのですが、家になかったカセットコンロをもらうことに。災害時にも活用できるグッズなのでこれから重宝しそうです。

子どもの病気2006/01/22 16:14

それは突然に訪れるものです。

今朝6時前に寝ているときに1回目の嘔吐。このときはたいしたこともないと思い、とりあえず汚れた体をシャワーで流し、すりおろしたりんごを与えました。

大丈夫かと思って9時過ぎに出かけようとしているときに2回目の嘔吐。顔色も良くないので予定変更、休日に診療している小児科へ駆け込むことに。今日は京都で甥っ子の参加しているボーイスカウトの行事に参加予定でしたが、これは残念ながらキャンセルとなりました。

診察の結果、軽い発熱があり、喉に炎症が見られるとのこと。もし熱が明日も上がっているようならばインフルエンザの検査を受けるように言われました。
帰宅後に嘔吐止めの座薬を入れ、その後処方された薬を飲ませたあと、息子はとりあえず眠っています。

とりあえずはインフルエンザでないことを祈るのみです。予防接種はしているのだけれど。

やはりトラブったか……2006/01/22 16:30

昨日の大学入試センター試験、英語のリスニングでやはり予想された事態が起こってしまったようです。
全国300カ所の試験会場でトラブル発生、430人あまりが再試験を受けたとのことでした。

ICプレーヤーを使ったリスニング試験、いくら信頼性が高いとはいっても、50万台もある機械のうち、1台も故障しないなんてことは普通考えられません。あまつさえ、操作方法すら正確に指示できず、受験生がまともに受験できなかったという不手際まで報告されている有様です。
予想通り、出るべくして不具合が出たと言っても過言ではないでしょう。

いっそのこと、教室全体に聞こえる全体放送でも使って、テープでも流した方が遙かにマシだと思ったのは私だけでしょうか? 時代に逆行する意見のように見えるかもしれませんが、個々の受験生が不利を被るリスクは格段に低くなるはずです。
大学入試センターでは来年こそはトラブルゼロを、と言っているようですが、旧来の手法も含めて、本質的にトラブルがゼロになるような手段を構築してほしいものです。

輝ける日本の未来のためにも。