ライブドアブログの仕様改悪について その22006/01/07 04:33

昨年末以来騒動となっていた本件、TB拒否をするかどうかについてはユーザーに選択権を与えるようです。
詳細はライブドアブログ開発日誌を参照ください。

新機能の導入をするなら、最初からこれを説明してくれればいいのに。
まあ、これだけの騒動になったので後付けしたのかも、という邪推もできるのですが(^^;

とりあえずは、従来通りの使い方も選択できるということで、ユーザーの声が届いたものと解釈しておきます。

※TB送信先
http://blog.livedoor.jp/staff/
http://blog.livedoor.jp/eito89/
http://blog.livedoor.jp/gran_cody/
http://blog.livedoor.jp/silvertree9201/
http://blog.livedoor.jp/y0780121/

下関駅放火事件2006/01/07 21:23

今日はニュース番組を見ていなかったこともあり、夕刊で事件を知りました。

7日午前2時頃、JR下関駅に放火があり、駅舎および周辺の建物が全焼。この影響で山陽本線小月-門司間、山陰本線滝部-幡生間で現在も列車の運転を見合わせており、復旧のめどは立っていないそうです。

犯人は74歳の男。
「空腹でむしゃくしゃしてやった」という放火。
己の鬱憤を晴らしたいがために、日本の大動脈である鉄道路線の機能を喪失させ、鉄道を利用する地域住民や旅行者の足、そしてトラックからのシフトも進みつつある鉄道貨物による輸送手段までも奪ってしまった行為は、決して許されるものではありません。
唯一の救いといえば、一名の負傷者も出なかったことくらいでしょう。

犯人の男は、数年前にも北九州での放火未遂での逮捕歴があるとのことでした。凶悪犯の再犯率は社会の受け皿も少ないためか極めて高いとのこと(「かきなぐりプレス(http://tetorayade.exblog.jp/3926126/)」参照)。にもかかわらず、警察はまったくマークしていなかったようです。北九州と下関は県こそ違いますが、経済・文化面の交流はきわめて盛んです。その一方、警察に関しては都道府県ごとに組織が分かれているためか、横のつながりが希薄であることは否めず、これも事件の一因となったのかもしれません。

山口県警による今後の捜査の進展を見守るとともに、犯人の男に対しては厳罰をもって臨んでいただきたいものです。
そして、被災した下関駅ならびに不通区間の早期復旧を願ってやみません。

やればできる2006/01/07 22:06

今日は私が息子をベビースイミングでプールに入れる順番でした。
息子を近くのベビースイミングに通わせるようになって1年半になり、今では水にも慣れてすっかり楽しんでいるのですが、苦手は誰にもあるもので、そのたびに大泣きしてくれます(^^;

その苦手の一つが飛び込み台からのジャンプ。立った状態で足から飛び込む形ですが、両腕にヘルパーをつけているのでおぼれる心配はありません。でも毎回怖がって自分からやろうとはしませんでした(というよりは、その場所に近づこうとしない……(^^;)。
なんとか突破口がつかめればと思い、今日は「おとうさんと一緒にジャンプしよう」と誘って挑戦してみました。
1回目はコーチからも名前を呼ばれて一緒にジャンプしてみました。半泣きだったものの、今までできなかったことが初めてできた!
これならいけると思い、あと2回ほど同じようにやってみました。
3回目も無事成功! 今度は泣きませんでした。
「やればできるじゃない」と息子を目一杯ほめたのは言うまでもありません。
苦手を解消していくことが息子にとって自信につながり、少しずつ上達していくのですから。

苦手の一つはこれで解消できそうです。
しかしながら、息子にとっての苦手はまだいくつか残っているので、まだまだ頑張っていかねば、と決意を新たにした私でした。

※追記
この数日後、息子と入浴中の出来事。

「いっしょにじゃんぷしよう」
「3、2、1、どぼーん」
「ぶくぶくぶく」
「ぱぁ」
「ほら、ちゃんとできた」

しっかりフラッシュバックしてる……よほどインパクトが強かったのでしょうか?