客車急行「ちくま」最終日~レインボー&ユーロの並び2009/09/23 16:24

祝日法のアヤによってもたらされた今回の5連休でしたが、初日の朝の撮影以外は特に外に出たわけでもなく、ひたすら荷物整理に追われておりました。

整理中の資料から出てきた過去ネタを一つ。
国鉄末期から12系+14系寝台車の編成で運転されていた大阪発長野行の急行「ちくま」号ですが、1997年9月29日発の運行を最後に、383系電車に置き換えられました。
写真は大阪発の運行最終日(9月29日)に実現した、大阪-名古屋間を牽引したJR東日本・田端運転所EF65 1019号機(初代レインボー釜)と、名古屋-長野間を牽引するJR東海・静岡運転所EF64 35号機(ユーロ釜)(代走:所定 JR貨物・愛知機関区EF64)の並びです。私も最終日となるの碓氷峠に向かうべく、最終日のB寝台上段に乗車していました。
ビッグスターの並びとあって、名古屋駅はパニック状態で、この写真を撮影するのが精一杯でした。

蛇足ですが、客車はJR西日本・宮原運転所所属、車掌はJR東日本・長野車掌区の担当で、本州を管轄するJR3社+JR貨物の連携なくしては運行が成立しない列車でした。

EF65 1019+EF64 35(名古屋駅)


JR東海管内に客車が乗り入れできなくなった現在となっては、貴重なショットと言えるでしょうか。

もしよろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村