あけましておめでとうございます2008/01/01 08:08

あけましておめでとうございます。
旧年中、皆様には大変お世話になりましたことを深く感謝いたします。

昨年の漢字に「偽」という字が選ばれたのは記憶に新しいことです。
いろいろありすぎてどれがどれやら、という感じになってしまうほどの食品業界の偽装事件。現在の自分の仕事と照らしてみると、他人事ではありません。
目先の利益を追求するための組織ぐるみでの誤りの正当化、証拠隠滅といったことが次々と明らかになり、信用を失墜させている企業、そしてこれによって失業を余儀なくされたサラリーマンたちの姿を見るたびに、私はこうはなるまい、と思いました。
間違いを犯したのなら、素直に間違いとして認めた上で、誠意を持って対応することが、将来にわたっての信用の向上、そして生活の向上につながるのですから。これを忘れずに取り組んでいきます。

鉄道関係。
昨年は最後のキハ58系急行「みよし」の撤退、N700系登場と500系ののぞみからの撤退と、世代交代の動きが加速していました。今年は国鉄時代からの伝統を誇ってきた0系新幹線の引退、「銀河」「なは」「あかつき」の廃止、「日本海」「北斗星」の減便等、かつて一世を風靡したブルートレインの最期の時が近づいているのを感じさせます。
その一方で、3月には「おおさか東線」の開業。アーバンネットワークの人の流れを変えるこのプロジェクト。新大阪開業の際にどうなるか楽しみなところです。

合唱関係。
昨年の「イベント合唱団」コンサートも無事終わりましたが、次に向けてまたいろいろとチャレンジしたいです。
息子の第九デビューを来年に控え、息子には歌うことの楽しさをもっと教えるつもりです。

毎度のことながらとりとめがなくなってきたのでこのへんで。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。