あけましておめでとうございます2006/01/01 00:00

あけましておめでとうございます。
本年もみなさまにとって良い年でありますように。

昨年はここでも触れたとおり、重大な事故・事件が多発した年でした。
一連の耐震強度偽装事件、石原産業によるフェロシルト不法投棄事件、JR西日本尼崎脱線事故、最近では韓国での学術論文捏造事件。ここに挙げたものは、いずれも人為的なミスあるいは作為によって引き起こされたものであり、私の本業においても口うるさくいわれている「コンプライアンス遵守」「リスク・マネジメント」の欠落によるものなのは間違いない事実です。

私も本業においては、顧客に対しよりよい製品を提供しなければならない立場にあります。顧客の信頼を得、それを守り育てるためには、品質の良い製品を納期通りに納入することだけにとどまらず、企業としての法令遵守体制も問われることになってきており、改めて一社員としてもその責任の重さに身が引き締まる思いで新年を迎えようとしています。
ここを読まれているそれぞれの立場においても同様ではないかと思いますが、いかがでしょうか?

閑話休題。(堅い話はこれくらいで(^^;)
趣味の鉄道方面でみてみると、JRでは2006年は321系の進出にともない、201系環状線進出、103系の置き換えが進展するため、その動きに注目していきたいところです。ICOCAとPiTaPaの相互利用も1月下旬から始まる予定であり、利用者にとって利便性が向上する点では非常にありがたいことです。その一方で、3月改正での特急「出雲」(東京-京都-山陰線鳥取経由-出雲市)、急行「かすが」(名古屋-関西線経由-奈良)の廃止は残念であります。その最期の姿は是非見届けておきたいものです。
阪急では、神戸線にも新型特急車両9000系が投入されることがすでに発表されており、京都線の9300系の増備と合わせ、こちらも楽しみであります。

合唱方面では、イベント合唱団での活動をさらに自分にとって充実したものにしていきたいものです。昨年は公私ともに多忙だった故に定期演奏会出演できず、ある意味では非常に歯がゆい思いもしてきました。今年はぜひともそのリベンジを果たしていきたいものです。

息子は結構歌うのも好きで、いろんな歌を覚えては歌うようになりました。息子の一万人第九デビューまであと4年弱。しっかり育てていきたいです。

なんだかとりとめがなくなってきたのでこのへんで(^^;
今年も当ブログとよろしくおつきあいください。

コメント

トラックバック